Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2018.11.28

スポーツスター XLH883 でアドベンチャー!! その74 FIMタイヤ装着とワーゲンキャリアをプチレストア? sportster Adventure オフロード

昨夜はロッドショーに向けやりたくないので青鹿にトス。(笑)

車のキャリアのお手入れ。

先ずは前後ある内の前から。

 

 

10年近く全くノーメンテ。

奥の2本はペーパーで一皮剥いた状態。

もっと中までカサカサに乾いているかと思っていたからちょっとビックリ。

 

 

オービタルサイダーで削っても全然削れて行かない。

削り粉が凄い細かい!

目が詰まってるのね。

 

 

でワックス塗布しし、乾拭きで艶出し。

このキャリアはウェストファリア純正ではなく普通にリプロ品なのですが、木の部分だけリプロのデフォルト仕様から少し良い物に替えて納品してもらったんですね。

何かそのとき10年は何もしないで大丈夫とか言われたような気がする。

ニスは塗らないでくれとも言われたような?

10年経ってその意味が分かりました。

雨ざらしの保管では無いけどこれだけ天日に晒されてきて割れ欠け無い。

 

 

きれいになるねー。

 

 

そんな中、私はXT500のサイドカバーゼッケンベースの切り治具を作ります。

こういう作業嫌だなー。

コマ図張り合わせるのと似てる。

2次元作業は嫌いなのか。

 

 

FRPの平板に

 

 

こんな物かな。

 

 

そんなに頻繁に使う物じゃ無いんだけど。

 

 

そして、治具があっても意外と上手く行かない事が分かる。(笑)

 

 

PM11:00頃だったかおやつ(クッキー系)を持ったナカムラスピード到着。(笑)

ゼッケンナンバー貼りと後ろタイヤ交換を頼む。

頼れる助っ人だねー。

 

 

その間に二人掛かりでキャリアを片付ける。

 

 

で、今朝と言うか数時間後? 改めて表に出してブロック加減を確認。

今回のタイヤはDUNLOPのD909

 

 

FIMタイヤなんでブロックハイトも低め。

それでも、やっぱりトレールタイヤと比べるとだいぶ雰囲気変わります。

DOAはこのタイヤかな?

 

 

 

 

 

やってもらってナニだけど、ゼッケンだけが新しくなると何か恥ずかしいなー。

汚れていた方が安心する。

 

 

ジェネカバーのシフトペダル削れた部分を

 

 

数年振りに新調。

 

 

勿論、クラッチとポイントカバーも

 

 

平織りなのに繊維目気にせず貼り付けてしまった。(笑)

もう剥がれない。(割れる)

まー、良いや。

ちなみにCDIにしてあるからカバーの中にポイントやらガバナーの類は全く入っていない。

 

 

きれいになったー。

枠のアルミも軽く磨いた。

 

 

 

さて。

今晩は皮剥き終わった後ろの木にワックス掛けして組み込みかな。

バイク見せたいんだが車も仕上げなきゃいけないとかちょっと厳しい。

 

 

 


2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です