Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2018.12.04

スポーツスター XLH883 でアドベンチャー!! その77 HCS2018 搬入日 ヨコハマホットロッドカスタムショー


ヨコハマホッドロッドカスタムショーへの出展無事に終了しました。

当日の撤収後にお疲れ飯食べ行って遅くなりまして、翌月曜日の朝ちびの登校時にちょこっと起きまた寝て起きたら午後2時半・・・

12時間も寝てしまった。(;´・ω・)
出展前の1か月間はずっと夜中まで作業していたのでちょっと疲れ出たか。

 

ということで、

 

 

搬入前日金曜日の夜、磨きに出して外していたキャリアの取り付け。

夜遅くまで突き合わせてスマンのー。 と言いながら高見の見物?

ではなく、確かトレーラーの車幅灯付けてたような。

 

 

で、店の看板外して何処置くかとシュミレーション。

一応、イーゼル買ってあるんだけど写真撮ってもらったらロゴ入った方が良いよねーと。

 

 

そんなこんな積み込み。

 

 

883を1台積み。

XT500は青鹿のビートル載せ。

1台ずつ積んで行った方が恰好良いかなーとか。

まー、883と2台積みだと揺れて出っ張ったプライマリカバーにガリっとやるだろうというのもあったしね。

 

で、結局帰ったのAM3:00

 

 

 

AM5:30夜明け前、自宅裏の駐車場で車中泊したナカムラスピードを叩き起こし横浜へ。

 

 

左に傾いたナカムラスピードのレイトバス。

今回ワーゲン3台で出陣。

3台で走るのは仲良し3人組みたいで非常に恥ずかしい。

 

 

883はこんな感じになっております。

トレーラーのフェンダー色が浮いてますかね。

普通に銀で良かったんじゃないかと。

ファニーズ 川口さんの手間増やしちゃうかなーと何も考えず、 『他の外装品のベースカラーと一緒でええすよ!』 みたいな。

そう。

XT500も883もトレーラーのフェンダーも全部同じ白。(笑)

 

 

パシフィコ横浜入場しまして車両とステージ降ろしましてさーどうするかと。

車スペース2コマなので、12m×3mとそこそこの間口。

 

 

ホワイトライン Mさん所有のGAS缶とTool Boxもディスプレイとして借りて来ましたよ。

Mさん、ありがとう。

 

 

XT500の展示スタンドをセットするのにトレーラー下に潜るナカムラスピード。

 

 

 

当初の予定通り、右からワーゲン、XT500をトレーラー乗せ、展示台上に883

 

 

 

青鹿は車両のレイアウトだけ済ませ朝霞へ出社。

営業日だからね。

 

 

空荷のトレーラーは良く跳ねる。

 

 

大よそのレイアウトが決まると車両下ろしてメディアの取材開始。

 

 

XTも何となく。

 

 

 

 

お前も入れと。

 

 

オフ車は日本人より外国人から人気です。

XTが大受けだったなー。

『このYAMAHAはお前のか?』 『グッドだ!!』『ホッドロッドだ!!』みたいに何人にも声掛けられたね。

 

 

XTが舞台(トレーラー)上でメイン車両ぽいなてことで883と入れ替えた。

ここカーショーエリアなんでメインはワーゲンなんだけどね。(笑)

実はバイクはディスプレイで賞典外。

 

 

で、夕方電気通ってライト確認してまたあーじゃねーこーじゃねーあれ足りねぇとなり、当日朝までに買って来る物チェックして帰りにホームセンター寄って搬入日が終了。

 

めちゃめちゃ眠く帰路ナカムラスピードの運転する傾いたワーゲンの助手席で寝てしまう。

 

当日 につづく。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です