Under Construction. Japanese only
K&H
F.R.P LABORATORY
MOTORCYCLE AFTER MARKET PARTS MAKER
MENU

血と汗と涙のシート製作記

2018.11.24

SHOEI EX-ZERO 100% Barstow ホットロッドショーに向け追い込み その3(883以外)hcs2018

今朝、ステージの鉄枠を乾燥室へ。

 

 

鉄が程良く温もったら中で塗ってみたけど汗掻くね。やっぱ。

塗ってから気使って転回しつつ入れられる程広くないのだ。

まー、無くは無いんだけど必ず失敗するだろうから。

 

ということで、

 

 

SHOEIにホッドロッドショーで883と一緒に展示したいから貸して欲しいと頼んであったヘルメットが届きましたよ。

EX-ZERO

バイザーもお願いしました。

株式会社SHOEI様、有難う御座います。

 

 

最近のヘルメットはスリット仕上げ奇麗なのだなー。

 

 

見た目は古いが仕様は現代。

 

 

マテリアルもね。

当然、内装は着脱式。

 

 

ひょっこりシールドも出て来ます。

このシールド色が数種あるとか。

これ実際使ったらどうなのって興味ありますねー。

 

 

そんなシールドもあるのですが、今度は ウェストウッド井原商会 様から同じくお借りしました。

 

 

100% Barstow

ミラーの他にクリアのスペアレンズも入ってましたよ。

変にクラシック過ぎず、モダン過ぎずで個人的には良いと思います。

担当してくれた方が元HRCワークスライダーの増田一将さんでびっくり。

と言うか、そうだと後から聞いてびっくりしたんですが。(;´・ω・)

ありがとうございます。

 

 

100%のBarstowは既に使ってたりします。

XT500でビンテージモトクロス。

先日の チキチキ15 もこれでしたよ。

 

 

カラーリングにもよりますが、比較的新しいヘルメットVFX-Wとかにも合わせられます。

個人的にはバイク古くてもウェアや装備は今買える物が良いかなーと。

ただ、現行車バリバリ的なのより少しこういったデザインのだとモアベター。

XT500の展示にはこっちのヘルメットを置いとこうかなと考えてます。

 

 

ストラップも可愛いです。

 

 

 

 

勿論、この組み合わせで持って行きます。

クリアレンズの方が良いのかな?

 

 

 

 

シールド付きはこんな感じ。

 

 

ストラップのチェッカーも良いね。

ゴーグルのデザインは沢山あるので HP 見るだけでも楽しいと思いますよ。

 

 

で、ニス3度塗りしてやり過ぎてしまった感ある木部と鉄枠が数日振りに合体。

 

さー、残すは一週間だ!!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です