K&H F.R.P LABORATORY

HOME > K&H ポリシー > K&Hの歴史
K&Hの企業哲学

1975年以前

イメージプライベーター時代の 秋元 紀一(アキモト キイチ) と 中山 博(ナカヤマ ヒロシ)若き日の両名。この頃は中山の自宅をそのまま作業場にしていた。

 

 

 

 

 

 

イメージ工房から目と鼻の先の旧グラントハイツ(現光が丘)にて、馴染みの客と。写真中の全ての車輌に手が加えられている。グラントハイツは、戦時中日本陸軍成増飛行場があった場所で、戦後の1948年米国陸軍の家族住宅として完成した。その後1973年になり日本に全面返還された。写真の時代は既に日本へ全面返還されているが、まだグラントハイツ時代の名残が見て取れる。そんな土地柄のせいか、当時からモーターサイクルへの情熱を持った変わり者が大勢いた場所であった。

1975年

イメージプライベーターとして製作したKawasaki「Z750RS」 がオートバイ誌の表紙を飾る。

プライベーターとしては異例であった。

 

 

 

 

 

1976年

イメージ同年、秋元と中山 両名の名をとった 『紀一と博F.R.P.研究所』 という名称で創業を開始する。中山が代表としてその実務を請け負う形となり、秋元は一線を退き中山の良き相談役となる。当初は、プライベーター時代からの流れで 「カフェレーサー」製作の依頼を受けてはワンオフ製作していた。この時代、モーターサイクルパーツをF.R.P.(強化グラスファイバー)で製作しているところはまだ少なく、カスタムバイク製作の草分け的存在となる。時代は正にカスタムバイクの創世記であった。

 

イメージ初めて量産体制をとったのは、「Honda CB400 Four」用テールカウル付きのシングルシートであった。当時シングルシートの定価は30,000円、車輌価格が327,000円。時の大卒初任給は90,576円であった。このシートは、数度の再販をするも現在は絶版となり、当時、高額だったために手に入れられなかったユーザー、当時も装着していたという リターンライダーからの問合せが、今現在でも後を絶たない。キャストホイール、集合マフラー、紀一と博のシングルシートは、ヨンフォアの 「3種の神器 」と呼ばれていた。

 

イメージ当時のレジャーブームとも重なりヒットしたYamaha GT50通称 「 ミニトレ 」。

一体式タンクシートは、同年発表のCB400Four用シートに負けず劣らずの人気商品となった。

 

 

 

 

1978年

イメージKawasaki Z750RS通称 「ZII(ゼッツー)」 用のフルセットは、曲線と面で構成された作品であり、当時 「10年早いデザイン」 と世間を言わしめた。

モンキー他の小排気量用タンク・シートも人気を博した。

 

 

 

 

 

イメージ今なお人気の衰えないYAMAHAの名車「SR400/500」が発売された年(注:500は現在絶版)。

写真はSRカスタム中の初期の作品。シートは「S-001フロントフェンダー」、「F-001リアフェンダー」、「R-001サイドカバー」、「SC-001」。

今も受け継がれる量産品に付けられる通し品番の始まりであった。

 

 

 

フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集