K&H F.R.P LABORATORY

国産バイク

ミディアムシート スポンジ入替  for CRF1000L

お客様フォト

岐阜県 S さん

 

『お世話になります。

約一年前にアフリカツイン用のミディアムシートを購入させて頂きました、岐阜県の S と申します。
突然のメッセージで、失礼致します。

 

実は、昨年、御社アフリカツイン用シートを購入させて頂いた後、何度かロングツーリング等で使用させて頂きましたが、どうも200km程度走った後に尻の痛みを感じておりました。

純正シートの際には、100km程度で既に尻に違和感があり、それ以降は我慢と言うか、ごまかしごまかしで乗っていました。 それと比べると、倍近くは違和感を感じる距離が伸びましたので、こんなもんかと。

まー、私のお尻の性能がかなり低いんだと半分は諦めておりました。


自宅は岐阜県多治見市にあり、現在、金沢市で単身赴任をしています。

今年の金沢市はご存知の通り大雪で、ようやくバイクの時期が来て、久しぶりにバイクで帰省致しました。
アフリカツインを購入し、2年が経過し、バイクにもだいぶ慣れてきたのもあるかと思います。

私は、169cm。62kgの体型から、足付きにやや不安があり、今まで、どちらかと言うとシートの前よりに座り、少しでも足付きを良くしようと無意識の内に座っていたと思います。

 

が、今回の帰省時には、ほんの少しシートの後ろよりに座っていたと思います(気のせいかもしれませんが、)。
そしたら、どうした事か、尻の痛みを感じる事が無くなりました。
金沢から多治見まで、約220kmです。たまたまかと思ったのですが、今日、金沢に帰って来る際も、今までの様に、途中でスタンディングしたり、ポジションを変えたりといった事無く、痛みも感じず、金沢まで到着してしまいました。

 

以前、御社FBで、シートの慣らしは5000kmとの記事を思い出しました。
ようやくシートが私の体に馴染んできたのか、本当に嬉しく、思わずメッセージさせて頂きました。

今後、ロングを走って、益々確かめて見たいと思います。
又、ポジションのせいか、尻の痛みを感じない事から、純粋にバイクを楽しめたからかは分かりませんが、腰で乗れている感がもの凄く濃密に感じました。

やはり、良い物は使い込んでこそだと強く感じました。良い買物をしたと、一年越しにニヤニヤしています。

 

長文で失礼致しました。これからも良いシート作りを宜しくお願い致します。

何枚か写真も送らせて頂きます。

ありがとうございました。』

 

 

 

Facebookよりご投稿いただいたSさん。

一年越しでお尻の痛みが消えた、と大変嬉しいご報告です!

 

以下、弊社上山より、FB内のコメントを抜粋します。↓

「シートを作るに当たり、シート高に対して基本乗車位置がどこになるのかという事を意識します。

基本乗車位置は、ステップの上に立ち上がり軽くハンドルに手を添えた状態で腰を下ろし、

シート上面にお尻が触れた所からそのまま腰を下ろした位置です。

ライディング中は前後左右することもありますが、基本乗車位置が必ず起点となります。

基本乗車位置から移動するという事は、立ち上がる際には一旦元の位置に戻ってから行うことになります。

ステップの荷重抜重も適度な下半身の緊張とリラックスした上半身で一番効率良く状態で行える着座位置です。 室内で座る椅子も同じで、腰を下ろしてから深く座り直すもしくは足を前に出すと、

立ち上がる時には必ず着座した姿勢に戻ってから立ち上がるはずです。

オートバイを動かす際は下半身(ステップの荷重抜重)で骨盤をテコにして上体の重さを利用します。

車体を動かしたいときには基本乗車位置が何処なのかを理解するのは重要です。

勿論、高速巡航やリラックスして走る場合は腰を引いたりつま先ステップやかかとステップにすることもあります。 あまり神経質になる必要もありませんが自分の体型と現在の車体の状態で基本乗車位置がこの辺りだというのを知っておくのは良い事だと思います。

機会がありましたら是非意識してみて下さい。 」

 

乗車位置に関しての深い話、参考にしてみて下さい^−^

 

ここからのツーリングが良いものでありますように。

貴重なご報告、ありがとうございました!

 

【S-8201b】 ミディアムシート スポンジ入替 青/黒 for CRF1000L

 

 

2018/04/24

 

フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集