K&H F.R.P LABORATORY

血と汗と涙のシート製作記

HOME > 血と汗と涙のシート製作記

K&Hブログ検索

カテゴリ
最新ニュースリスト

スポーツスター XLH883 でアドベンチャー!! その33 キャリパーサポート(前)

我、1996年式 ヱックスヱルエイチ 八八参 未再生低走行原型車 入手セリ!!

チキチキVMX猛レース12 IN モトクロスヴィレッジ!!

2017 東京モーターサイクルショー

リアのサイズによるジャイロ効果。

 

突然読んで何の話か分からないという方は、 『 ジャイロ って何だろう? 』 から読み返してみて下さい。


最近トラのOHも終わり、慣らしを兼ねて通勤に使っています。
そうしたら、前から書こうとしていたことを思い出しました。

自前トラのリアホイールサイズは、18インチです。
随分前になりますが、回転するホイールにもジャイロが発生していることを説明しましたね。
何のことか分からない方は、過去に書いたジャイロ効果を読んで下さい。
最近、リア18インチは難しいと感じるのです。

以下の3台の比較は、リアのサイズのみの話です。
フロントは、多少トラのサイズが細いくらいで、3台共19インチの細めのリムです。
タイヤサイズもほぼ一緒。
キャスター角など様々な差こそあれ、コーナーリングのきっかけの作り方は、3台とも同じ要領です。



こちらは、’07スポーツスターのリア16インチです。



リムサイズは、3.00。



タイヤは、150/80−16。



こちらは、’06FXDダイナの17インチです。



ホイールのサイズが見つけられなかった。
フラッシュで見えない?
タイヤは、160/70−17です。



ダイナのリム外サイズを適当に計ってみました。
130mm位。

恐らくリムサイズは、4.00でしょう。
調べればすぐに分かりそうなものですが、厳密な数値を追うような話でもないので間違ってたらゴメンナサイということで。



同じ要領で計ると、スポーツスターは約85mmでした。



こちらトラ18インチです。
こいつだけスポークホイールですが、鉄リムでチューブタイヤです。
細タイヤで、外周付近はかなり重たいはずです。
要は、強いジャイロを発生する要素を備えているということです
タイヤは、4.00−18。



リム外で約68mm。

何の話かと言うと、
スポーツスターやダイナは、コーナー中 車軸が傾いている時、適度な内向力 (内に巻き込もうとする力) と、前に進もうとする力 (車軸を起こそうとする力) とのバランスが取り易く (取れ易く)、『ピターッ!』 と地に吸い付いた様な安定感があります。

ところが、トラはリアから発生するジャイロが強すぎるのです。
フロントホイールだけではなく、リアホイールも内へ内へと向かおうとします。
後から捲られるような感じです。
安定させる為、アクセル操作や荷重の掛け方・位置に結構気を使います。
ピーンと張りつめた、綱渡りをしているような気がすることがあります。
フラフラというか安定がないというか、よく言うと軽い。
この感じをヒラヒラ感なんて表現するのでしょうか。
ヒラヒラは切り返し?
でもスポーツスターもダイナも、素早い切り返しが出来るけどヒラヒラなんて言わないしな〜。
ま〜ヒラヒラに関してはまたにしてと。
でもヒラヒラのヒントはリアにありですね。


ダイナは2006年のモデルチェンジの際に、タイヤ幅が広くなり、ホイールサイズも1インチ大きくなりました。
17インチ化は、タイヤのチョイスの幅を広げる為だけだったのでしょうか?

幅広タイヤを履く為には、幅広なホイールがセットで必要になりますね。
何しろ今までの(スポーツスターは今でも)ホイールで150サイズはギリギリだったのですから。
ホイールの幅を広げると、もちろんホイールから発生するジャイロの力も変化します。
ジャイロ効果は、円盤の径と幅・重量が密接に関係しています。
ホイールの外径が大きくなれば、発生するジャイロも大きくなります。
外径に2乗だそうです。

16インチで4.00のホイールでは、あのハーレー独自の安定感を取り出し難かったのでしょうか?
リム幅を広げた兼ね合いで17インチ化が必須だった?
HD社は、これらの数値とジャイロの因果関係を理解していないはずはないでしょうからね。
だって現に良い塩梅に仕上がっているのだから。
フロントホイールは大径で細め、リアは小径で太めでちょうど美味しくしているのです。


現行及び1モデル前のスポーツスターで、リアホイールのサイズを18インチ化している方をたまに見掛けます。
一度この辺りの変化に付いて考えてみる必要があるかもしれません。
出来れば、吊るしの状態からただ18インチ化だけした車輌に乗って検証してみたいですね。
そうしたらもっと面白い話も出来そうです。


*これらは、車体のディメンション等も深く関わる話なので一概には言えません。
単なる妄想と言うことでご理解下さい。




旧ブログもまだ見れます。

Virgin-BMWにてコラムを連載しています。
Virgin-Harleyに、K&Hシート製作の特徴やこだわりが分かる特集があります。
インタビューもお暇なときにどうぞご覧下さい。


 

この記事にコメントする:comments (0)

カテゴリ:ジャイロ効果 | 掲載日:2007年10月27日

よろしければ、Facebookページのフォローをお願いします。

*** ただ今K&Hではスタッフを募集しています。 ***

@@開発スタッフ募集。@@

造形に興味のある方お問い合わせ下さいませ。

バイク好きで情熱ある方待っています。

@@製作スタッフ募集@@

バイクが好きな人! もの作りの好きな人! 歓迎です。 (と言うか条件)

初心者でも大丈夫です。

@@条件@@

勤務地 : 埼玉県朝霞市

定休日 : 日曜祝日 第1 第3月曜日 年末年始 夏期休暇 他年休有。

昇給 : 年1回 

賞与 : 年2回

社会保険完備 (雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)

研修期間あり

興味のある方は、048-456-3830 ウエヤマまでご連絡下さい。

お問い合わせは電話のみとなります。

宜しくお願い致します。

バージンBMW、バージンハーレーに掲載されています

バージンBMWで 特集記事 がUPされました。

Virgin-Harley で 『 ツーリングゼミナール 』 なるコラムを書いています。

弊社本家ホームページと重複している部分もありますが、

特集 その1 』  『 特集 その2 』  『 特集 その3 』 『インタビュー 』 もお暇なときにどうぞ。

ハーレー界の巨匠に聞く 』 『ハーレー カスタムショップ ナビ 』 にも掲載されています。

Virgin-BMW にて 『 コラム 』 を連載。 (完結済み)

旧ブログもまだ見られます。

初心者のためのミニクーパー専門サイト「CLUB MINI

訪日外国人向け日本紹介メディア「Traverse Japan

フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集