K&H F.R.P LABORATORY

血と汗と涙のシート製作記

HOME > 血と汗と涙のシート製作記

K&Hブログ検索

カテゴリ
最新ニュースリスト

休日出勤とかオイルとか。

’96 XLH883 デタッチャブルシーシーバーと ’97~純正リアショック流用 その2

YAMAHA MT-09 FZ-09 ステッチNEWバージョン XSR900 テールカウル

BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2017 IN 白馬 DAY2

足つきという言葉の意味 第1考

 

ほぼ毎日足つきについてのお問い合わせをいただきます。

少しこの事について考えてみましょう。

『低い位置に座れば足つきが良くなる。』

そう思っている方がたくさんいらっしゃいます。

確かに間違いではありませんが、大正解ではありません。

実は、着座位置が高くても形状を工夫することで、低いシートよりも足つきを良くする事が出来るのです。

着座位置を低くするよりも、逆に高くしてしまった方が足をつけやすい場合も多々あります。

例えば、シートを外した状態で跨り、フレーム等の上に座ると、そのオートバイで一番低い位置に座ることになります。

座った事のある方ならピンとくるかもしれませんが、腿の裏やふくらはぎにフレームやサイドカバー、ハーレーであれば、プライマリカバーやマフラー、車種によってはバッテリー等が当たり、足つきが悪いことに気付くはずです。

シートがない状態で座って取り回してみて、蟹股歩きになった経験はありませんか?


下の写真は、175cmがシートを外してフレームに座った状態です。
腿の裏にフレームが当たっていて蟹股になっていますね。
かかとも思いっきり浮いてしまっています。
(サンダルなのはご勘弁を!)


座っているよりも跨ったまま立ってしまった方が、楽にオートバイを支えられると感じるでしょう。

???立った方が楽???


今度は175cmがバイクを跨いだ状態で立たせてみました。
今度は足がしっかりつきオートバイを支えられています。



足つきを良くする目的は、単に足がつく、つかないという事だけではありません。

もちろん両足がべったりつくに越したことはありませんが、『バイクを立たせる(支える)事をし易くする』それが本来の目的なのです。

本来の目的を見失い、足がつくことだけに必死になり、足がつくけどオートバイを支え難い、スポンジが薄く乗り心地が悪くて乗っていられないでは本末転倒です。

自分の体重よりも重たいオートバイを支えるわけですから、オートバイの重心を保ち支える為の足のつき方、足のつく位置が重要になってきます。

人間の足は、長さや形状に個人差はありますが、関節の数やパーツ構成、何かをする時の基本動作は同じです。

では重たいオートバイを支える為にはどの位置に、どのように足をつけば良いか?

それらを考えるのが、本来の足つきに対しての考え方ではないでしょうか?

K&Hはそう考えます。

蛇足ですが、シートを外してバイクに跨り、両足でしっかり立った時にバイクとお尻に空くスペース、
そのスペースがあなたがバイクをしっかり支えられ、装着できるシートの厚みです。

思っているよりも高い位置に座れれると感じるかもしれませんね。

一度お試しあれ!



旧ブログもまだ見れます。

Virgin-BMWにてコラムを連載しています。
Virgin-Harleyに、K&Hシート製作の特徴やこだわりが分かる特集があります。
インタビューもお暇なときにどうぞご覧下さい。


 

この記事にコメントする:comments (0)

カテゴリ:シート考学 | 掲載日:2007年09月13日

よろしければ、Facebookページのフォローをお願いします。

*** ただ今K&Hではスタッフを募集しています。 ***

@@開発スタッフ募集。@@

造形に興味のある方お問い合わせ下さいませ。

バイク好きで情熱ある方待っています。

@@製作スタッフ募集@@

バイクが好きな人! もの作りの好きな人! 歓迎です。 (と言うか条件)

初心者でも大丈夫です。

@@条件@@

勤務地 : 埼玉県朝霞市

定休日 : 日曜祝日 第1 第3月曜日 年末年始 夏期休暇 他年休有。

昇給 : 年1回 

賞与 : 年2回

社会保険完備 (雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)

研修期間あり

興味のある方は、048-456-3830 ウエヤマまでご連絡下さい。

お問い合わせは電話のみとなります。

宜しくお願い致します。

バージンBMW、バージンハーレーに掲載されています

バージンBMWで 特集記事 がUPされました。

Virgin-Harley で 『 ツーリングゼミナール 』 なるコラムを書いています。

弊社本家ホームページと重複している部分もありますが、

特集 その1 』  『 特集 その2 』  『 特集 その3 』 『インタビュー 』 もお暇なときにどうぞ。

ハーレー界の巨匠に聞く 』 『ハーレー カスタムショップ ナビ 』 にも掲載されています。

Virgin-BMW にて 『 コラム 』 を連載。 (完結済み)

旧ブログもまだ見られます。

初心者のためのミニクーパー専門サイト「CLUB MINI

訪日外国人向け日本紹介メディア「Traverse Japan

フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集