K&H F.R.P LABORATORY

血と汗と涙のシート製作記

HOME > 血と汗と涙のシート製作記

K&Hブログ検索

カテゴリ
最新ニュースリスト

スポーツスター XLH883 でアドベンチャー!! その33 キャリパーサポート(前)

我、1996年式 ヱックスヱルエイチ 八八参 未再生低走行原型車 入手セリ!!

チキチキVMX猛レース12 IN モトクロスヴィレッジ!!

2017 東京モーターサイクルショー

FI SR400 段付きシートをBSAタンクに合わせる。 その2

 



↑ GO!!




その1 で合わせたスポンジにレザーを張り、やっと製品が仕上がりましたよ。




念の為、型紙修正した後に捨てレザーを縫って被せてあります。
本番で失敗したら嫌だもんね。




折角なので、前側の見返しだけちょっと修正しました。
まー、修正なしでもこの程度なら張り様で何とでもなりましたが。




レザーカラーは、 GSレッド です。




シートダンパーを装着して車両で最終チェック!!




OK!!



『SR400/500 (キャブレターモデル) 用シートを FI に付けるキットを使えば、K&Hのキャブ用シートは装着出来ますか?』 と良くお問い合わせをいただきます。

そのキットが何を差しているのか分かりませんが (知っているけど数社から出てるし) 、我々がその車種の専用品を新規に専用設計しているという事をお考えいただきたい。

一応説明するまでもなく、既存のSR400/500用シートが FI SR400に装着出来なくなったんで、わざわざ開発車両を購入してまで新規に作ったのです。




FI になるまでサイドカバー内にあったバッテリーがここに移設され、FI 用シートの前側取り付けが変更になりました。
もちろん、FI 用純正シートベースの形状もキャブレターモデルとは異なった形状になっています。

車両メーカーも限られた中で考え抜いてこれだけのサイズのバッテリーをこの位置に持って来た訳です。
出来る事なら (予算的にも) したくなかったであろうシート前側取り付け位置とシートベースも変更したと。




そうまでした取り付け位置変更を、アルミの下駄噛ましてキャブレターモデルと似た様な位置に前側ゴムダンパーを持って来たとしても、もしくは、何となくシートをそれらしく取り付けが出来たとしても、その車種に専用設計したシートは設計した正規の位置には装着されていません。

メーカーの設計意図やマージンなんかをすっ飛ばせば、もしかしたら位置だけだったら正規になるかもしれませんけどね。
まー、このバッテリーと同等サイズを使う限り無理でしょう。


メーカーが適合車種と謳っている以外の車種に取り付けするのに、そのメーカーから取り付け可否の自分の踏ん切りをつける為の保険みたいなものを得るのは違うと思います。
というか、付くって言わないし。
装着出来るよう加工や作業をするのであれば、それは自身で見込みを立て見切りを付け動くべきです。



と、思うんですけどどうですかね。


どうせ前側取り付け変更するんだったら、後ろ側も FI 専用にしていればこんな話にならなかったのに・・・。
まー、苦肉の策だったろうし余儀も無かったんでしょう。




これは段付きシートではありませんがキャブレター用のシートベースです。








FI 用のガソリンタンクは元に戻すのも少し手間です。




トンネル内のホース繋ぐのがちょっと面倒かも。




ホースは全部で4箇所バンド止め。
コストの問題かクイックリリースではないんですねー。

逆に狭い所でコネクター抜き差しは大変なんですけどね。




個人的にはこの佇まいがSRなんだよなー。

SR500乗っていた当時は散々ロングタンクだミニタンクだとやっていましたが。(笑)





 

この記事にコメントする:comments (0)

カテゴリ:インジェクション SR400 | 掲載日:2016年01月25日

よろしければ、Facebookページのフォローをお願いします。

*** ただ今K&Hではスタッフを募集しています。 ***

@@開発スタッフ募集。@@

造形に興味のある方お問い合わせ下さいませ。

バイク好きで情熱ある方待っています。

@@製作スタッフ募集@@

バイクが好きな人! もの作りの好きな人! 歓迎です。 (と言うか条件)

初心者でも大丈夫です。

@@条件@@

勤務地 : 埼玉県朝霞市

定休日 : 日曜祝日 第1 第3月曜日 年末年始 夏期休暇 他年休有。

昇給 : 年1回 

賞与 : 年2回

社会保険完備 (雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)

研修期間あり

興味のある方は、048-456-3830 ウエヤマまでご連絡下さい。

お問い合わせは電話のみとなります。

宜しくお願い致します。

バージンBMW、バージンハーレーに掲載されています

バージンBMWで 特集記事 がUPされました。

Virgin-Harley で 『 ツーリングゼミナール 』 なるコラムを書いています。

弊社本家ホームページと重複している部分もありますが、

特集 その1 』  『 特集 その2 』  『 特集 その3 』 『インタビュー 』 もお暇なときにどうぞ。

ハーレー界の巨匠に聞く 』 『ハーレー カスタムショップ ナビ 』 にも掲載されています。

Virgin-BMW にて 『 コラム 』 を連載。 (完結済み)

旧ブログもまだ見られます。

初心者のためのミニクーパー専門サイト「CLUB MINI

訪日外国人向け日本紹介メディア「Traverse Japan

フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集