K&H F.R.P LABORATORY

血と汗と涙のシート製作記

HOME > 血と汗と涙のシート製作記

K&Hブログ検索

カテゴリ
最新ニュースリスト

MOTO GUZZI LE MANS Single Seat ルマンのシングルシートその4

吊り下げウインカーステーとアクスルブロック、それと2次減速比変更!!

カスタムカスタム煩いんじゃボケー!!!!!!!なんて言いませんよ絶対に。笑)

30年ヤマハSRを弄り続ける根性。(笑)

ハスクバーナ FE250 ソフトスプリング!! 結局エキパイを・・・。

 



↑ GO!!



前回 、リアショック外したはずみで一部磨いてしまったエキパイ。


結局、全体を磨いてみようかなって。
まー、長くこちらでお付き合いいただいている方からしたら通常営業って感じでしょうか。
そんなに役に立たないことが好きなんですよ。



ということで、






磨く前に先ずは下地を整えてと。




















ふー。




泥落ち良くなるんじゃないかなーとか。




折角なんで。




スイングアームも抜いてみたり。




リンク、ピボット周りのグリスはそこそこ。




でも、浸水しないでね♪ とお代わりしておきました。




で、お目当てのソフトスプリングに換装!!

プリロード抜いてマイナスドライバー2本でバンプラバー持ち上げリテーナー・・・。
え?
切り欠き無いじゃん。

と思ったら、このWPショックってばリテーナーがCクリップで止まってるんですね。
少しスプリング縮めてちょっとリテーナー持ち上げクリップ外せば全部ズコッと下に抜けちゃうの。

イイネー。




鍍金かっ!!




気が付かないだろうなー。




で、今度前バネもやるよ。

WPの4CSはチャンバー室下でインナーロッドが上なんですよ。
だから、諸々インナーパーツを外さずフォーク抜かず、ハンドルずらしてトップキャップ外すだけでスプリング交換出来ちゃいます。

これなら現場でのセッティング変更 (スプリング交換) も容易ですね。
そこまでシビアな環境も無いんだけども、素人メカにも優しいです。




まー、抜きますけども。




折角フォーク抜いたんでステム周りの確認。

少ないですね。




アッパーも同様。

ここのフリクションを嫌ってかなとかは深読みし過ぎですかね?
リンクやピボットに対して少ない気がしたんで何かあるのかなーって。




あれ?
アレが無い!!




いつも見慣れたステムシャフトの雄ネジが立ってないです。

そう。
リングナットが無いんですよ。




フォーク仮組みしてアンダーブラケット側決めてトップボルトで引き上げる。
テーパーローラーベアリングの具合見てクランプしてアンダー緩めて突き出し調整してみたいな順序?

今までと色々勝手違ってて考えながらってのは面白い。

国産車に比べ念には念というのは無く、バッサリ部品点数省かれています。
軽量化や整備性の良さを取っているんでしょうね。
割り切った作りです。


とは言え、国産車のようにステム単体でテーパーローラーの具合確認出来ないので逆にちょっと時間費やしたような。
諸々組み込んだ状態で確認ってのもあっての油少なめのフィードバック多目なのかなーとか。

これも慣れですかね。
まー、アンギュラ程難しくは無いですが。




で、フォーク。

と思ったけど、WPの純正ソフトスプリングがえらいザラザラでまいっちんぐ♪




ってことで磨いてみたり。

スプリング磨くなんて初めてだわ。




外側だけですが。

チューブ内壁への当りが優しくなるようなチューニング?
体感とか性能アップとかは無くココロがUP↑↑みたいな。




そんなこんなで、 先週 大鶴先輩と遊びに行ってきましたがソフトスプリング最高でした。

上り途中の倒木とかンゴンゴ激しく吸収してくれちゃって参りました。
いやーん! まいっちんぐ!! ニヤニヤ


今までどかーんってなってましたが何事も無くぴょいっとね。
腕が上がった訳じゃないってのが微妙ですけどね。

ハイシートも足届きませんが最高です!!
ゲロ系は無理かな?(笑)

やっぱりスポンジが柔らかい気がしましたが・・・。




でもって、ほんのりSUS特有の薄黄金色になりました。




何度かひっくり返しましたがナンバー台壊さず。

早くちゃんと写真撮って詳細ページ作らなきゃと思うも実はこれ本型で作った製品じゃないんですね。
しかも、仕上げ途中で失敗しちゃったヤツだったりして。
付けちゃうと見えないし自分用だから気にしない。

これでも装着写真は撮れるのか。
これと置き撮り用の製品用意すれば良いですかね。


現状、あの人とかあの人からって名だたる方々から指名が入るって感じで既に10枚程度のバックオーダーとなっております。

型一個一日一個生産ですからちょっと時間掛かりますね。
まー、型増やして増産しても直ぐ注文途切れるでしょうからこの位で行きましょう。(笑)




 

この記事にコメントする:comments (0)

カテゴリ:私物 Husqvarna FE250 | 掲載日:2016年02月17日

よろしければ、Facebookページのフォローをお願いします。

*** ただ今K&Hではスタッフを募集しています。 ***

@@開発スタッフ募集。@@

造形に興味のある方お問い合わせ下さいませ。

バイク好きで情熱ある方待っています。

@@製作スタッフ募集@@

バイクが好きな人! もの作りの好きな人! 歓迎です。 (と言うか条件)

初心者でも大丈夫です。

@@条件@@

勤務地 : 埼玉県朝霞市

定休日 : 日曜祝日 第1 第3月曜日 年末年始 夏期休暇 他年休有。

昇給 : 年1回 

賞与 : 年2回

社会保険完備 (雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)

研修期間あり

興味のある方は、048-456-3830 ウエヤマまでご連絡下さい。

お問い合わせは電話のみとなります。

宜しくお願い致します。

バージンBMW、バージンハーレーに掲載されています

バージンBMWで 特集記事 がUPされました。

Virgin-Harley で 『 ツーリングゼミナール 』 なるコラムを書いています。

弊社本家ホームページと重複している部分もありますが、

特集 その1 』  『 特集 その2 』  『 特集 その3 』 『インタビュー 』 もお暇なときにどうぞ。

ハーレー界の巨匠に聞く 』 『ハーレー カスタムショップ ナビ 』 にも掲載されています。

Virgin-BMW にて 『 コラム 』 を連載。 (完結済み)

旧ブログもまだ見られます。

初心者のためのミニクーパー専門サイト「CLUB MINI

訪日外国人向け日本紹介メディア「Traverse Japan

フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集