K&H F.R.P LABORATORY

血と汗と涙のシート製作記

HOME > 血と汗と涙のシート製作記

K&Hブログ検索

カテゴリ
最新ニュースリスト

2017 ライドアフリカツイン DAY2 Ride Africa Twin マスターズ オブ アフリカツイン

2017 WEX R4 爺が岳 準備 DUNLOP AT81EX!!

2017 ON ANY SANDA 香嵐渓 その1

YAMAHA XT500 ON ANY SANDA の準備。 フロントフォークシール交換

BMW R nine T スクランブラーをっ!!

YAMAHA MT-09 FZ-09 その9 吉野家の牛丼から想う事。

 







ここ最近、昼の弁当が無いときは吉野家の牛丼 (と半熟卵) を買ってから出社しています。





でね。

その店舗、朝は女性2人で対応しているのですが、自分は箸は店にあるので要らないと断り紅生姜を余分に貰っています。
用意してもらっていつも軽く礼を言ってから店を出るよう心掛けています。
何か、最近そういうのちゃんとしないといけないなと今更この歳になり思うようになりまして・・・。(汗)


最近、箸と紅生姜の事を覚えてくれて 『ですよね?』 みたいな女性的な? 柔らかい気遣い感じるやり取りしてもらえます。
まー、ささやかですが嬉しいじゃないですか。
そしたら、 『はい、お願いします。』 と大きくは無いですが声も出ますよ。

ヘルメット被ったいつもの人って感じなので覚え易いのかもしれませんね。


で、今朝の話。
勘定を済ませカウンターで出来上りを待っていると、作業服の仏頂面オヤジがずいっと自分の前に割って入って来ておもむろに伝票出して 『~になります。』 と言われ支払い釣銭受け取り店を出て行きました。

その間、ずーっと無言。
しかも、仏頂面・・・。

それ見て、自分のしている事の方が相手に対しては正しいのかなと再認識したのでした。
この感じコンビニでも良く見掛けますよね。


近年、自分もですが人を介在せず品物を購入する機会が増えましたよ。
ネット販売が台頭して来てからでしょうかね。

逆に、対人で現金の受け渡しをすることの方が少なくなってきたかもしれません。
牛丼ですが全く知らない他人と接する貴重な機会なのかもしれないなーと。
別に知り合いたいとかじゃないんですよ。

何か自分を試されている気がしたりとかしてですね。
自分、以前は客になると偉かったです。(汗)



話変わって、最近ネットで買い物をする機会が多くあります。
どこそこのメーカーの商品かは分かる物の、ふと思い返すと何処の何という店から商品を買ったのか認識していない事に気が付きます。
荷物が届いて送り状もしっかり見ないですしね。

商品に不具合があったらメールやらで返信しますがそれでも店舗名はあやふやだったり。


自分も物売る側にも居る事あるので、こういう物の売り手にはなりたくないなと思ったりします。
多少は相手にお前は誰なんだと意識下に置いてもらいたい。


自分たちが作っている物を自分たちで売りたいですねー。
メールでの問い合わせにも自分が知る事を細かく応えるようにしています。

でもって、お金使う人に、こんなヤツがこういう風に考えてて、そんなヤツらがこうやって作っています、製品自体もそうですが、あなたが手にした (する) 物の成り立ちを知って欲しいと常日頃思うんです。
そういうのもあって、日々こんなブログを続けています。

まー、半分以上は販促目的なんですけどね。


買う側として個人的には、家電の有人の店舗に行くとたまに目にするサイズ合わせや現物確認し場合によっては店員に質問して、その場で価格コムとか無いなと思います。
内容だけ持ち帰ってネット注文とかも嫌だなーって思いますが、対応した人にはせめてこの程度の配慮があっても良いだろうと。

この買い方が一般的になるつつあるんですよね。
でも、ちょっと異常だと思うんです。

その内、表通りに店舗が無くなっちゃう。


勿論、企業努力も大事でそれ無しでは語れないのですが、こういうのって所変われば自分が受け手になるなんて普通にありますよね。
効率考えたらそっちの流れが本流なのかもしれませんが。

もう、何時でも何処からでも買える物ってダメなのかなって思ったりします。
ここでしか買えない物とかここからしか買えない、ここの物が欲しいとかじゃないと、うちみたいな零細企業は生き残って行かれない。

大量に作って元締めに成れる訳でなし。


お客さんからお支払いいただく事が多々あります。
いつも感謝いっぱいです。

ある側面ではお客様は神様じゃないとも思っています。
自分たちが作った物を良いと感じていただいて了承を得、依頼された製品を製造しその対価をいただいているので関係は対等だろうと。
(在庫品に関しては事前に用意しています。)
揉み手をするで無し、お仕事をいただいた事への感謝をします。


弊社店舗に来ていただいても珈琲すら出てきません。(汗)
でも試乗後は出来得る限りの説明と提案をさせていただきます。
製品に当たっては十分なお時間をいただききちんとした物を作ります。


自分たちにしか作れない物って何だろうといつも考えやれる事は少ないなりに確固とした形にしていきたいなと思います。


そろそろ消費する側が自分が使ったお金が何処へ向かっているのかって事をもうちょっと意識して使わないといけない時期に来ているんじゃないでしょうか。
最終的にそれも対人なんだと思うんです。


40代半ばに向かいまだまだ生意気で実りもしていませんが、頭を垂れて日々を過ごしたいなと思ふ今日この頃。







なんてな。




ということで、





本日は、タンクに被さる内側を整形しております。





内アール仕上げは爪切らずともどんどん短くなる造詣屋あるある。

爪と皮膚が裂けるのは避けたいが・・・。





また YSP成増 さんにお願いして2017年に合わせてから進もうと思います。

ホントは今日行きたかったけど先方の定休日だったみたい。



しかし、牛丼一杯でどんだけ話膨らませてんだという本日の日記。






 

この記事にコメントする:comments (2)

カテゴリ:YAMAHA MT-09 FZ-09 | 掲載日:2017年03月01日

最新のcomment
この記事へのコメント
共感したのでコメントを。

誰が言い出したのか「お客さまは神様です」

おっしゃる通り、欲しいと思った商品を手に入れる為に納得して対価を支払う。
お互いが同等で、決して神様ではないと私も常々思っています。

ところが今の世の中、お客がすごく偉そうぶるのが当たり前な風潮になっています。
「客にそんなことを言うのか!」というセリフは嫌いです。

モノを売る側が少しでも多く売りたいと思い、お客さまを大事にするのは当たり前なのですが、買う側がそれを強要するのは違う気がしています。

K&Hさんの作る製品を見ると、魂がこもっている(大げさですか?)ような気がします。
蛇足ながら昔の欧州車にも魂がこもってました。
作り手が信念をもって良いものを作って下さったものは、ユーザーに何かが伝わります。
それを知ってるユーザーがK&Hのファンになるのだと思います。

わたしは「お客さまは神様です」と言われるより、良い製品を我々に提供して下さることの方が何倍もうれしいと思う、K&Hファンの一人です。


投稿者:Jun☆さん

2017年03月1日22時43分(Wed)

Jun☆さん。
いつも有難う御座います。
愛用してくれている方は沢山居ますがファンは言い過ぎですよ。(笑)

魂が籠っているかどうかは分かりませんが、幸い色々な事を自分で判断が出来るので、誰かに媚び (過ぎ) ず作っているかなーと思います。

現代の車両の中にも各国の厳しい規制に対応しつつ良く考え意思を持って作られている物もありますよ。
まー、昔のおおらかさは無いのかもしれませんが。

そういう意味では、今の所シートには規制が無いのでやり易くて助かってます。

最近になって、ようやく横断歩道の歩行者を優先したりとか普通の事が出来る様になりました。

元居た所が随分と低かったという話なんです。


投稿者:上山さん

2017年03月2日9時46分(Thu)

よろしければ、Facebookページのフォローをお願いします。

*** ただ今K&Hではスタッフを募集しています。 ***

@@開発スタッフ募集。@@

造形に興味のある方お問い合わせ下さいませ。

バイク好きで情熱ある方待っています。

@@製作スタッフ募集@@

バイクが好きな人! もの作りの好きな人! 歓迎です。 (と言うか条件)

初心者でも大丈夫です。

@@条件@@

勤務地 : 埼玉県朝霞市

定休日 : 日曜祝日 第1 第3月曜日 年末年始 夏期休暇 他年休有。

昇給 : 年1回 

賞与 : 年2回

社会保険完備 (雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)

研修期間あり

興味のある方は、048-456-3830 ウエヤマまでご連絡下さい。

お問い合わせは電話のみとなります。

宜しくお願い致します。

バージンBMW、バージンハーレーに掲載されています

バージンBMWで 特集記事 がUPされました。

Virgin-Harley で 『 ツーリングゼミナール 』 なるコラムを書いています。

弊社本家ホームページと重複している部分もありますが、

特集 その1 』  『 特集 その2 』  『 特集 その3 』 『インタビュー 』 もお暇なときにどうぞ。

ハーレー界の巨匠に聞く 』 『ハーレー カスタムショップ ナビ 』 にも掲載されています。

Virgin-BMW にて 『 コラム 』 を連載。 (完結済み)

旧ブログもまだ見られます。

初心者のためのミニクーパー専門サイト「CLUB MINI

訪日外国人向け日本紹介メディア「Traverse Japan

フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集