K&H F.R.P LABORATORY

K&H よくあるご質問

質問

足つきを良くするにはどのような形状が良いですか?(シートの幅と形状)

質問

足つきを良くするためにはシートの形状やシート幅が大切なポイントになります。

オートバイに乗っていて足を付くとき、それはオートバイが停止していることを示します。足を付くのは、二輪車特有の動作であり、オートバイが二輪であり、自立することが出来ない為でもあります。一輪車ではありませんから、普通に乗っていれば、前や後ろに倒れることはなく、倒れるとしたら左右どちらかになる筈です。オートバイを支える為、左右の足でバランスをとるのですが、どうする必要があるか?まずは足を付かなくては始まりませんね。その他に何が必要だと思いますか?

ここからが本題です。

ハーレーの場合、プライマリーカバーが左足のふくらはぎ、右足の足首の少し上辺りにマフラーがあります。BMWやその他の車種でもフレーム・サイドカバー・シートベース等、車体の一番幅が広くなっている部分よりも、少し広げた位置に足を着くことになります。オートバイから降りて、上記の幅くらいに足を開き、左右どちらからか人に押されたとしたらどこに力が入ると思いますか? ほとんどの人が、足をべったり付いた状態からつま先に荷重を移し、力を入れてバランスを保つ筈です。バランスを保ちきれず、かかとが浮いたとしてもつま先が先に浮くことはないでしょう。

『おっとっと』 という言葉で想像する人間の動作を思い浮かべてみて下さい。

つま先でバランスを保っている人を思い出しませんか?
かかとでバランスを取っているのを想像する人は少ないでしょう 。
つま先は、人間が左右にバランスを保つときに、大事な役目を果たします。バランスを保つには荷重をつま先に移し、自分の体重を支えるのに見合っただけの力が必要になります。シートにどっかりと座った状態では、シートに乗せた分の体重は車体に掛かり、ほとんど足に荷重が掛かりません。足に荷重が掛かっていないということは踏ん張りが利かないということになります。 常時踏ん張る必要はありませんが、荷重を掛けにくいのではふらつきの原因になります。

幅の広いシートで、『腿の内側に当たる部分が邪魔で足を下ろしにくい!足着きが悪い! 』 という話をよく耳にします。皆さんが不快に感じるのは、足を下ろしにくいのはもちろんですが、実は足に力が入らない(足に荷重を掛けにくい)ということなのです。オートバイを支え易くするためには、足を着いたときに自然に荷重の掛けられるシート形状にする必要があります。足に荷重を掛けやすい形状であれば、車体の急な動きにも瞬時に対応出来るようになります。幅の広いシートだと、内股に当たる部分が邪魔で膝が曲がってしまい、最短距離で足を着く事が出来ません。足の付け根、内股の当たる部分が細くなっていたほうが直線的に足を出し易くなります。シートが細いほうが足着きは良くなるのでが、ただ幅が狭いだけのシートだと、お尻を十分にサポート出来ずに乗り心地の悪いシートになってしまいます。

足を出す部分は細く、お尻が乗る部分を広くすると、足着きが良くて乗り心地の良いシートになるのですが、車種によって車体の構成は様々で、乗り方まで違ってきます。  たとえばBMWやハーレー、国産車が同じシートでいいはずがありません。

K&Hでは全てのシートで実際に走行し、車体を支えやすいシートの形状、どこに座れば操作がし易いか、また楽しく乗れる乗車位置までを考えながらシートの形状を決めていきます。
跨っただけではシートは作れません。
オートバイの事を良く学び、実際に走らせながらシート作りを行っています。

フッター
メールマガジン カタログ請求 サイトマップ Virgin-BMW Motorrad K&Hコラム連載中 バージンハーレー K&H特集